MAELOG

家づくりとキャンプ

1番美味しい焼き芋の設定はどれ!?Panasonicビストロで作る焼き芋の設定について

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:mae3:20211226112801j:plain

こんにちは、マエです。

 

寒くなってくるとほくほくの焼き芋が食べたいですよね。

 

ですが、焼き芋屋さんはなかなか見かけないし、焼き芋専門のお店もなかなかない。

 

ということで我が家のPanasonicのビストロで焼き芋を作ってみました。

 

今までは同じ設定で焼いていましたが、様々な設定で焼くとどれが1番美味しく仕上がるのか検証してみました。

 

 Panasonicビストロで推奨されている焼き芋の作り方の設定

 我が家のオリジナルな焼き芋の作り方の設定

 いろいろな設定で作った焼き芋の比較

 

 

それでははじめていきます。

 

 

 



Panasonicビストロで推奨されている焼き芋の作り方の設定

 

まず我が家ではビストロ(NE-BS1600)を使用していますが、購入するとレシピ本がついてきます。

 

その中のNo.259に焼き芋があり、設定は予熱なしの300℃で約40~60分となっています。

f:id:mae3:20211226112833j:plain

ポイントとしてアルミホイルを巻くと角皿の汚れが防げるそうです。

 

 

我が家のオリジナルな焼き芋の作り方の設定

 

次に我が家でオリジナルの作り方を紹介します。

 

私は焼き芋といえばねっとり系が大好きです。

 

今までは170℃の1時間半の設定で焼き芋をつくっていました。

f:id:mae3:20211226113023j:plain

なぜ170℃かというと、焼き芋をいろいろ作られている方のを参考にしてこの設定としていました。

 

ですが、調べてみるとサツマイモが甘くなるのは、βアミラーゼという消化酵素が加熱されて、麦芽糖という甘味を作るからみたいで、温度で言うと70-80℃だそうです。

 

今まででもかなり満足な仕上がりでしたが、さらに美味しい焼き芋を追求して、いろいろな設定で焼き芋を作ってみたいと思います。

 

 

いろいろな設定で作った焼き芋の比較

 

ビストロの推奨の設定を含めて、4パターンで焼き芋を作ってみました。

 

 80℃ 180分

 

 120℃ 120分

 

 170℃ 90分

 

 300℃ 50分

 

 

ちなみに比較に使用したさつまいもは、今どハマりしている徳島さわやかファームの「さわやかのさつまいも」(https://sawayaka1.com/)です。

f:id:mae3:20211226115542j:plain

f:id:mae3:20211226115754j:plain

これで作る焼き芋が本当絶品なのです!

f:id:mae3:20211226115618j:plain

 

それでは出来上がり直後の写真をみていきます。

 

80℃

f:id:mae3:20211226113410j:plain

 

120℃

f:id:mae3:20211226113430j:plain

 

170℃

f:id:mae3:20211226113446j:plain

 

300℃

f:id:mae3:20211226113505j:plain

 

断面だけで結構違いがわかると思います。

 

正直80℃で180分は大失敗でした。

 

最初2時間熱しましたが、固かったのでもう1時間追加しましたが、改善しませんでした。

 

さらにやれば上手くいくのかもしれませんが、3時間以上かかるとなると現実的ではないので80℃設定は比較対象から外しました。

 

次に120℃の設定ですが、出来上がりはねっとり系というよりホクホク系のジャガイモのような焼き芋となりました。

 

この手の焼き芋が好きな方には結構ありな設定だと思いました。

 

次に我が家のいつもの設定である170℃、90分の設定は安定の美味しさでした。

 

中はねっとりとしており、柔らかくて非常に好みの仕上がりでした。

 

最後はビストロのメニューにもある300℃の50分です。

 

ねっとり系というより、ほんの少しシャリシャリ?

 

ねっとり部分もあるので、ホクホクとねっとり系の間の焼き芋という感じでした。

 

結果焼き上がり直後に私が1番美味しいと思ったのは、170℃の90分設定でした。

 

焼き芋は焼いた直後より、時間をおいたほうが甘くなると言われています。

なので、翌日、120℃と170℃、300℃の味をを再び比べてみました。

f:id:mae3:20211226113924j:plain

170℃がかなり甘そうです。

 

皮をめくってみると・・

f:id:mae3:20211226114013j:plain

170℃と300℃には蜜がみられます。

f:id:mae3:20211226114416j:plain

 

実際に食べてみると、やはり170℃が1番ねっとり系で甘くて、120℃がホクホク系、300℃はその間となりました。

 

3歳半の娘にも感想を聞くと

 

170℃ > 300℃ > 120℃

 

と大人と全く同じ味覚でした!笑

 

結果、ねっとり系を作るには温度が低すぎても高すぎても良くないということがわかりました。

 

 

Panasonicビストロで作る焼き芋の設定のまとめ

 

いかがでしたか?

 

まとめるとこのようになりました。

 

80℃

180分

かなり硬い。焼き芋ではない・・・

120℃

120分

ホクホク系好きにはあり!

170℃

90分

ねっとり系好きにはかなりおすすめ!

300℃

50分

ホクホクとねっとりの間
時間がない人や少しねっとり好きにおすすめ!

 

結果、我が家では170℃の90分が1番美味しい焼き芋の設定となりました!

Panasonicビストロをお持ちのかたやオーブンレンジで焼き芋を作りたいかたはぜひお試しください!

 

もし他にいい焼き方や設定があればぜひ教えてください!

 

それではまた!