MAELOG

家づくりとボードゲーム

コロナウイルス感染対策  〜感染しないためにやるべきこと

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:mae3:20170512222840j:plain


 

 

 

3月1日地点で日本国内にけるコロナウイルス感染者数は200人を超えました。

まだ潜伏期間の方もたくさんいると思うので

今後さらに増えていくことが予想されます。

みなさんは感染しないために、きちんと対策はしてますか?

今日はコロナウイルスにかからないための対策について紹介していきます。

 

 

 コロナウイルスの構造について

まずコロナウイルスの構造について簡単に説明します。

下の絵のようにコロナウイルスは脂溶性の膜で覆われているため

アルコールによる手指消毒、石鹸による手洗いが有効と言われています。

f:id:mae3:20200301160542g:plain

アルコールがウイルスの膜を壊してダメージを与える
引用元  細菌・ウイルス | 感染と予防

 

コロナウイルスはどのように広がるか

基本的な感染経路は以下の2つです。

飛沫感染

f:id:mae3:20200301160802j:plain

感染者の唾液が目、口、鼻に侵入し感染

接触感染

f:id:mae3:20200301160857j:plain

手指についたウイルスが目、鼻、口などの粘膜を通じて体内に侵入し感染

 

 対策1

マスクの着用

これはコロナウイルス単体の侵入を防ぐのではなくて、

感染者の唾液が口、鼻に入り感染するのを防ぐためです。

なのでかなり混みあった場所に行かない限り

マスクの効果はあまりないと言われています。

マスクの着用は飛沫感染の予防対策になります。

f:id:mae3:20200301160943p:plain

対策2

 石鹸と流水による手洗い・アルコール消毒による手指消毒

 

手指についたウイルスが目、鼻、口などの粘膜を通じて体内に侵入するのを防ぎます。

手洗いやアルコール消毒によりウイルスの膜にダメージを与えます。

これは接触感染の予防対策になります。

ちなみに濡れた手は乾いた手の100~1000倍の菌を運ぶと言われてますので、

手を洗った後はきちんと拭き、

アルコール消毒後は乾くまで手指に塗るようにしましょう。

f:id:mae3:20200301161017j:plain

子供は大丈夫?

子供は大人より免疫が弱いの感染しても重症になりにくいと言われています。

ですが色々と解明されてないことが多いので安心はできません。

大人同様にしっかりと対策をしておきましょう。

 

まとめ

人ごみの多い場所にはなるべく外出しない、マスクを付ける、

石鹸と流水による手洗い・アルコール消毒による手指消毒を行うことが

今私たちにできる最善の対策だと考えられます。

とにかく石鹸と流水による手洗い・アルコール消毒は頻繁に行いましょう!

それではまた。