MAELOG

家づくりとキャンプ

これを買っておけば間違いない![おすすめ鍛造ペグ]グラートステイクの魅力について

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:mae3:20210710223042j:plain

こんにちわ、マエです。

 

キャンプをはじめた頃はテント付属のペグやアルミペグだけで十分ですが、だんだんといいペグが欲しくなってきますよね。

 

私も先日ゼインアーツのグラートステイクという鍛造ペグを買いました。

 

正直、追加のペグはこれを買っておけば間違いないと思うので今回はそのグラートステイクの魅力について紹介していきます。

 

 

 おすすめ鍛造ペグであるグラートステイクの魅力

  おすすめ鍛造ペグであるグラートステイクの欠点

 

 

それでははじめていきます。

 

 

 

 

 

おすすめ鍛造ペグであるグラートステイクの魅力

f:id:mae3:20210710221509j:plain

グラートステイクの魅力は3つあります。

 

 

 見た目のカッコよさ

 

 打ち込みやすさ(抜きやすさ)

 

 持ち運びやすさ

 

 

 

 

見た目のカッコよさ

f:id:mae3:20210710221544j:plain

まず何といっても見た目がかっこよすぎます。

 

本当に無駄のないデザインで見た目だけでなく機能面も考えられているペグになります。

 

 

youtubeのヒヌマ夫婦も言っていましたが、ゼインアーツのペグはそれをつまみに2.3時間お酒が飲めるくらいかっこいいです。

 

たかがペグですが本当に大切に使おうと感じさせてくれるペグとなります。



打ち込みやすさ(抜きやすさ)

f:id:mae3:20210710221734j:plain

打ち込む部分がとても広くて、ハンマーでヒットしやすくとても打ち込みやすいです。

 

有名なスノーピークのソリッドステークは円柱型ですがグレートステイクは長方形(2cm×1cm)となっており、打ち損じが少ない形となっています。

  

また抜くのも、少しひねるだけで隙間が大きく生まれてスッと楽に引き抜くことができます。

 

持ち運びやすさ

f:id:mae3:20210710221903j:plain

楔形なので重ねることができ、持ち運びがしやすいです。

 

また28cmと大きすぎず非常に使いやすいサイズとなっています。

 

28cmも必要ないという方には18cmのサイズ展開もあり、ゼインアーツのYペグと28cmと18cmのサイズを比較するとこんな感じになります。

f:id:mae3:20210710221922j:plain

 

おすすめ鍛造ペグであるグラートステイクの欠点 

f:id:mae3:20210710222128j:plain

そんなおすすめのペグですが、欠点もあります。

 

鍛造ペグなので、やはり重たいのとやや値段が高いのかネックとなります。

 

参考までにスノーピークのソリッドステークと比較してみました。

 

  グラートステイク28 グラートステイク18 ソリッドステーク30
価格
462円
352円
462円
重量
225g
105g
180g

 

価格はほぼ変わりませんが、グラートステイクの方が重たいです。

 

10本持つだけで2.2kgはやはりしんどいです。

 

また10本買うと4500円くらいはするので、それもなかなか初心者には手が出しにくい金額となってしまうのでこの2つが欠点かなと思います。

 

 

おすすめ鍛造ペグであるグラートステイクの魅力のまとめ

f:id:mae3:20210710222346j:plain

いかがでしたか?

 

グラートステイクの魅力と欠点について紹介しましたが、欠点はあるとはいえやはり持っておいて損はないペグだと思います。

 

鍛造ペグやペグ選びに悩んでいる方は是非参考にしていただければ幸いです。

 

それではまた!

 

そのほかの記事

 

www.mae-log.com

www.mae-log.com

www.mae-log.com

www.mae-log.com

www.mae-log.com

www.mae-log.com

www.mae-log.com

www.mae-log.com