MAELOG

家づくりとボードゲーム

実際に起こった引き戸とベビーゲートのトラブルについて

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 f:id:mae3:20201102214313j:plain

 こんにちは、マエです。

 

新居に住みはじめてすぐに起きたことですが、子供部屋の引き戸を開ける際に、何かにつっかかるような感じになってしまいました。

 

その原因は何だったのかというと・・・

 

タイトルにもある通り、ベビーゲートが原因でした。

 

今回は引き戸とベビーゲートで実際に起こったトラブルについて話していきます。

 

本記事の内容

・引き戸とベビーゲートのトラブルについて

・引き戸とベビーゲートのトラブルのまとめ

 

 

それでははじめていきます。

 

 

引き戸とベビーゲートのトラブルについて

 

▽まずその問題となった場所がこちらになります。(手前のベビーゲート)

f:id:mae3:20201102214431j:plain

 

子供部屋の片引き戸を収納する壁の裏側にベビーゲート(赤線)をつけています。

f:id:mae3:20201102214819j:plain

 

私は扉の違和感に気付き、

 

「扉の建付けが悪くなったのかな?」

 

と思っていました。

 

そして工務店の方に連絡して来ていただくと、まさかのベビーゲートが原因ということがすぐにわかりました。

 

何がいけなかったかというと・・・

 

「ベビーゲートをきつく固定しすぎたせいで、壁が押され扉につっかかっていた」

 

というわけでした。

 

えっ!!ベビーゲートが原因ーー!?!?

 

まさかベビーゲートだとは微塵も思ってもいなかったので、正直驚きました。

 

こんなことで呼んでしまって本当に恥ずかしい限りでした。

 

でもたしかに図面をみると、そこの壁は片引き戸のせいで通常の壁の半分の厚さしかなく、柱もありません。
 f:id:mae3:20201102214819j:plain

普通の壁よりは強度ははるかに劣るはずです。

 

ですが、こんなベビーゲートごときで壁が押されるとは・・・といった感じでした。

 

扉がつっかかるほどの壁が押されている状態でしばらくは放置していたので、中の壁は大丈夫なのかと今でも少し不安があります。(工務店の方が何も言わなかったので大丈夫なのか笑)

 

今は対策として、ベビーゲートの固定を少し緩めています。

 

今の所、扉に干渉していないので問題はない状態です。

 

 

引き戸とベビーゲートのトラブルのまとめ

f:id:mae3:20201102220053j:plain
 

あまりあることではないと思いますが、我が家のようにならないためにも

 

我が家のような片引き戸

引き込み戸

 

の壁にベビーゲートをつけようとしている方は少し注意してみてください。

 

▽引き込み戸についてはこちらから

www.mae-log.com

 

もし変えられるならほかの場所に変更した方がいいかもしれません。

 

我が家ではどうしてもここに必要なので、少し緩めて使用していますが、壁のためにはあまりやらないほうがいいかもしれませんね。

 

我が家のようにこんなことで工務店の方を呼んで、恥ずかしい思いをしないように皆さんも気をつけて下さいね!

 

それではまた!

 

よければポチッとお願いします!

▽▽▽

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


あわせて読みたい記事

www.mae-log.com

www.mae-log.com

www.mae-log.com

www.mae-log.com

www.mae-log.com

www.mae-log.com

www.mae-log.com