MAELOG

家づくりとボードゲーム

ジョリパットとベルアートの比較[家の外壁塗り壁]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:mae3:20200514095818j:plain

家の外壁は 塗り壁仕上げにしたいのだけど、何があるの?

 

こんな疑問にお答えします。

 

家の外壁を塗り壁にしたいのならジョリパットとベルアートという商品が有名です。

 

今回は外壁塗料であるジョリパットとベルアートを比較していきます。

 

▽ベルアート、ベルアートSi、ベルアートFの比較はこちらから

www.mae-log.com

 

 

 

本記事の内容

・ジョリパットとべルアートの比較

・ジョリパットとベルアートの比較結果

 

 

この記事が、塗り壁を検討している方の参考になれば幸いです。

 

それでははじめていきます。

 

 

ジョリパットアルファとベルアートの比較

 

もっとも標準的なモデル(ジョリパットアルファと無印のベルアート)を比較していきます。

 

まずはそれぞれの詳細をみていきます。

 

ジョリパット

販売会社

アイカ工業

塗装方法

吹付・こて・ローラー

塗装カラー

183色

塗装パターン

100パターン

期待耐用年数

HP記載なし

コテ仕上げの価格

3800〜10700円(1平米)

 

 

f:id:mae3:20200416224302p:plain

f:id:mae3:20200416224318p:plain

画像引用 アイカ工業株式会社HP

http://www.aica.co.jp

 ※画像はほんの一部です。

 

 外壁の塗り壁といえばジョリパットが最も知られています。

 

 

カラーバリエーション・塗装パターンが豊富で、なんでもできるといった感じですね。

 

さらにフォースターF☆☆☆☆を取得しており安全性が高い商品といえます。

 

フォースターとはJIS工業規格が定めるホルムアルデヒドの放散量が少ない商品のうち、最高等級を表す指標のことだね!

 

ですが、アイカ工業のホームページには耐用年数の記載はありませんでした。 

 

ベルアート

販売会社

エスケー化研

塗装方法

吹付・こて・ローラー

塗装カラー

100色

塗装パターン

47パターン

期待耐用年数

6~9年

コテ仕上げの価格

4050〜6050円(1平米)

 

f:id:mae3:20200416224845p:plain

f:id:mae3:20200416224905p:plain

画像引用 エスケー化研株式会社HP

https://www.sk-kaken.co.jp/product/exterior-finish-materials/bellart/

  ※画像はほんの一部です。

 

 ジョリパットほどは知られてはいませんが、こちらも有名な外壁塗装です。

 

ジョリパットには耐用年数が記載されていませんでしたが、ベルアートは耐用年数がHPに記載されていました。

 

そして、ベルアートもフォースターF☆☆☆☆を取得しており、安全性が高い商品といえます。

 

▽ちなみに我が家ではベルアートを採用しました。

f:id:mae3:20200514100047j:plain

 

 

▽私がベルアートを選んだ理由はこちらから

www.mae-log.com

 

▽実際の価格はこちらから

www.mae-log.com

 

 

 

 ジョリパットとベルアートの比較結果

f:id:mae3:20200416225401j:plain

おおきく4つの項目が違うことがわかりました。

 

・塗装パターン

・塗装カラー

・耐用年数

・価格

 

ひとつずつ詳しくみていきます。

 

 

塗装パターン 
ジョリパット

 

100パターン

 

ベルアート

 

47パターン

  

比較すると、ジョリパットのほうが倍近くも塗装パターンが多いです。

 

できる選択肢が多いのは消費者としては、嬉しいですよね。

 

塗装カラー
ジョリパット

 

183色

 

ベルアート

 

100色

  

比較すると、こちらも倍近くもジョリパットのほうが色の種類が豊富です。

 

たくさんある中から選べるの本当にありがたいですよね。妥協せずに選べそうです。

 

耐用年数
ジョリパット

 

記載なし

 

ベルアート

 

6-9年

 

ジョリパットのHPには記載がなかったのですが、10-15年でひび割れなどが発生することが多いみたいです。

 

ベルアートは6-9年と記載されているため、ジョリパットのほうが耐久性がいいのかもしれません。

 

ジョリパットに記載がないのは、環境や家の形状などによって外壁の劣化に差が出るからかもしれません。

 

コテ仕上げの価格
ジョリパット

 

3800〜10700円(1平米)

 

ベルアート

 

4050〜6050円(1平米)

 

コテ仕上げのパターンの定価で比較してみると、ベルアートのほうがお手頃価格となっています。

 

トラバーチンという塗り方で比較すると

 

ジョリパット4700円

ベルアート4400円

 

となっています。

 

これを30坪の家の壁200平米に塗るとすると、

差額は6万円となります。

 

塗り方や仕入れ値によっても、価格は大きく変わってきますのであくまで定価の参考価格です。

 

外壁塗装の一括見積もりはこちら から ! 

 

ジョリパットとベルアートまとめ 

f:id:mae3:20200416225424j:plain
 

今回はジョリパットとベルアートを比較しました。

 

比較した4つの項目以外は、さほど変わりないように思います。

 

好みの色や塗装方法がジョリパットしかない場合や耐久性をいいものにしたい場合はジョリパット向きですね。

 

ただ、耐久性は比較して使用できないので、結局のところはどちらがいいのか難しいところですね。

 

「予算に余裕がないけど、外壁は塗り壁はいい!」という方はベルアートを検討してみてください!

 

ジョリパットが高くて断念している方もベルアートならなんとか採用できるかもしれないので、ハウスメーカーや工務店の担当者に相談してみてください。

 

それではまた。

 

よければポチッとお願いします!

▽▽▽

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 

 

あわせて読みたい記事

 

www.mae-log.com

www.mae-log.com

www.mae-log.com

www.mae-log.com

 

www.mae-log.com

www.mae-log.com