MAELOG

家づくりとボードゲーム

壁掛けテレビを美しく設置するための配線を隠す2つの方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:mae3:20200410232056j:plain

 

テレビ台に置いているテレビを壁掛けにしたいのだけどどうすればいいの?

新築で壁掛けテレビにしたいのだけど、どうすればいいの?

 

こんな悩みを解決します!

 

今日は壁掛けテレビを美しく設置するための配線を隠す方法を2つ紹介します。

 

 

 

 

壁掛けテレビを美しく設置するための配線を隠す方法 

f:id:mae3:20200411093901j:plain

配線を隠す方法は以下の2つです。

 

・テレビを設置する壁にコンセントとアンテナ端子をつける 

・テレビを設置する壁に穴をあけてテレビの裏側に収納を作る

 

  

コードを隠すモールをつける、板を張るなどほかにも設置する方法はあります。

 

しかし、ごちゃごちゃしてしまいすっきりしたとは言えません。

 

これではせっかく壁掛けテレビにするのに、もったいないように思えます。

 

なので、この2つの方法のみ紹介していきます。

 

 

テレビを設置する壁にコンセントとアンテナ端子をつける

f:id:mae3:20200411093948j:plain

 

テレビをつける壁にコンセントとアンテナ端子を付けます。

 

これはテレビの裏に配線を隠す方法です。

 

ただそれだけなので、新築でない場合でもコンセントとアンテナ端子の取付工事をすれば設置可能となります。

 

工事費用は2万円かからないくらいだと思います。(壁紙代は別途)

 

メリット

 

・新築でない場合でも可能

 

・間取りに左右されない

 

 

デメリット

 

・DVDプレイヤーやスピーカーが無線接続の物しか使えない

(使えますがコードがビローンとなる)

 

・費用がかかる

 

 

 

 

テレビを設置する壁に穴をあけて、テレビの裏側に収納を作る

f:id:mae3:20200411094559j:plain



テレビをつける壁に穴をあけて、裏側の収納部に接続する配線を隠す方法です。

 

 テレビの下の台の壁にも穴をあければ、収納部を通じて有線での接続も可能です。

 

コンセントとアンテナ端子は壁でも収納部でもどちらでも構いません。

 

壁に穴をあけないといけなので新築でない場合にはハードルが高いかもしれません。

 

メリット

 

・DVDプレイヤーやスピーカーが有線接続でもスッキリする

 

・収納部にDVDプレイヤーを置くなど様々な使い方がある

 

 

デメリット

 

・壁に穴をあけるので新築でないと難しい

 

・裏に収納部を作らないといけないので間取りが制限される

 

・費用がかかる

 

 

 

 

あっそうだ!壁掛けをするのに絶対に確認しておかなければいけないことがあるんだ!

 

壁の下地補強が必須 

f:id:mae3:20200411092647j:plain

 

テレビとは相当重たいので、先ほどのどちらの方法をやるとしても壁の下地補強をしておかないといけません。

 

新築の場合は、設置する場所に下地補強をしてもうことを、必ず忘れないようにしておきましょう!

 

それとコンセントも念のため4つ口をつけておいたほうが安心です。

 

コンセントの費用はかかったとしても5,000円くらいです。

 

今住んでいる家の壁に、下地補強してあるか調べたい場合や自分で補強したい場合はこちらのサイトが参考になります。 

f:id:mae3:20200411092752g:plain

引用 DIYで壁掛けテレビ!簡易的な壁補強の方法教えます! | テレビ壁掛け研究所

 

 

 

最後に

f:id:mae3:20200411094810j:plain

壁掛けテレビは、かっこよくて憧れますが中途半端にやると、逆効果となってしまいます。

 

もしやるなら、今日紹介した2つの配線を隠す方法がとても美しくておすすめです。

 

ぜひ検討してみてください! 

それではまた!

 

▽壁掛けのコンセントの位置を悩んでる方はこちらから解決できます。

www.mae-log.com

 

 

▽収納を利用した壁掛けテレビの構造はこちらから

www.mae-log.com