MAELOG

家づくりとボードゲーム

おばけキャッチの遊びかたと遊んでみた感想[反射神経を競うゲーム]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:mae3:20200510222331j:plain

暗いとおばけが出そうで怖いよ〜

よーし、おばけが好きになるゲームでもやろうか!

好きになんか絶対になんないよ〜

まぁまぁやってみましょうよ!

 

 

 

 

おばけキャッチとは?

f:id:mae3:20200510221806j:plain

木製のコマとカードを使って遊ぶ反射神経を競うゲームです。

 

しっかりと写真カードを見ることが大事なゲームになります。

 

対象年齢

8歳以上

所要時間

20〜30分

プレイ人数

2〜8人

 

 

おばけキャッチの遊びかた 

 

それでは遊びかたを説明していきます。

 

おばけキャッチに使用するもの

 

▽コマは全部で5種類あります。

f:id:mae3:20200510212149j:plain

白いおばけ、赤いイス、緑のビン、青い本、灰色のネズミです。

 

 

▽写真カードは先ほどの5種類のコマの内、2種類がいろんな色で写っています。

f:id:mae3:20200510212731j:plain

全部で60枚あり、全て違う種類になります。
 

 

おばけキャッチの準備

 

▽5個のコマをテーブルの中央に丸く並べ、写真カードはよく混ぜて裏にしておきます。

f:id:mae3:20200510212948j:plain

準備はこれだけで終了です。

 

 

おばけキャッチの進めかた

 

 ※全てのプレイヤーは対応するコマを素早くつかむことを目指します。

 

▽まず順番を決めて、最初のプレイヤーは山札の1番上のカードを素早く表に出します。

f:id:mae3:20200510213804j:plain

※この時、全員同時にそのカードが見えるようにしてください。

 

 

カードは大きく2種類に分かれていて、対応するカードもそれぞれ異なります。

  

 ①「正しい色で写っているものがある場合」

 

写っているもののどれか1つが実際のコマと同じ色で写っていたら、そのコマをつかみます。

 

▽この場合は、「赤いイス」がカードとコマにあるので、赤いイスをつかみます。

f:id:mae3:20200510214249j:plain



②「正しい色で写っているものがない場合」

 

もし正しい色で写っているものがない場合は、色も種類も写ってないものを選びます。

 

▽この場合は正しい色で写っているものがないので、「緑」「赤」「おばけ」「ネズミ」以外から選びます。

f:id:mae3:20200510213804j:plain

ないのは「ネズミ」ですね。なのでネズミを素早くつかみます。 

 

 

対応するコマを1番早くつかんだプレイヤーは、そのカードを受け取り、自分の前に置きます。これがポイントとなります。

 

そして山札から次のカードをめくり、あとは繰り返しとなります。

 

お手つきした場合は、自分の獲得したポイントをその時勝ったプレイヤーに渡します。

 

 

おばけキャッチの勝敗

f:id:mae3:20200503105617j:plain

全ての山札を使用したらゲームの終了です。

 

ポイント(カード枚数)が多いプレイヤーの勝ちとなります。

 

 

おばけキャッチで遊んでみた感想

f:id:mae3:20200423225853j:plain 

一見簡単そうに見えますが、やっていくうちにわけが分からなくなります。

 

コマの5種類の色をしっかりと覚えておくことがカギとなります!

 

あとは反射神経の勝負になります。

 

私は記憶力も反射神経もないのでとても苦手なゲームですが、めちゃくちゃ面白いです!

 

こういうゲームは子供の方が強そうですね!

 

お酒を飲みながらやると、もうダメですね(笑)大盛り上がり間違いないです。

 

 

おばけキャッチの評価

価格(安さ)
★★★★★
定価1800円

難易度(簡単さ

★★★☆☆
小学1年生くらいならできそう

おもしろさ

★★★★★
確実に盛り上がります

総合評価

4.3

 

おばけキャッチまとめ

f:id:mae3:20200510221310j:plain

価格も安いし、すごくかわいいデザインなのでかなりおすすめのゲームです。

 

小学生のお子さんなら一緒にできるので是非一緒に遊んで見てください!

 

ゲーム終了となった時に「もう一回!」と確実になると思います!

 

それではまた!

 

よければポチッとお願いします!

                       ▽▽▽

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

あわせて読みたい記事

 

 

www.mae-log.com

www.mae-log.com

www.mae-log.com

www.mae-log.com