MAELOG

家づくりとボードゲーム

先行配管とは?先行配管のメリットとデメリット[我が家の先行配管の費用を公開します]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:mae3:20200706225223j:plain

外壁に面していない部屋があって、エアコンの室外機置くのが難しいみたいです。何かいい方法はないですか?

 

こんな悩みを解決します。

 

結論から言うと先行配管という選択肢があります。

 

しかし、先行配管は見た目はものすごく良くなりますが、デメリットが多々あります。

 

今回は先行配管について詳しく解説していきます。

 

本記事の内容

・先行配管とは?

・先行配管のメリットとデメリット

・我が家の先行配管と実際にかかった費用

 

 

それでははじめていきます。

 

先行配管とは?

まず一般的な配管は露出配管と言い、部屋の内外で穴の位置が一緒の高さにあります。

f:id:mae3:20200509210140j:plain

画像引用 

エアコンの隠蔽配管工事とは? | エアコンサポートセンター

 

なので、配管の長さも短くてすみ、基本的には外と面した部屋にしか室内機を置けません。

 

 

一方、遮蔽配管というのは、壁や天井などで配管を遮蔽し、室外機まで繋げる方法です。

f:id:mae3:20200509211021j:plain

画像引用 

エアコンの隠蔽配管工事とは? | エアコンサポートセンター

なので、配管は長くなりますが、外に面していない部屋でも室内機を置くことができます。

 

家を建てている段階で、このようにエアコンの配管を遮蔽して仕込むことを「先行配管」と言います。

 

これ以降はややこしくなるので、遮蔽配管のことも「先行配管」と言わせてもらいます。

 

 

次に先行配管のメリットとデメリットを解説していきます。

 

先行配管のメリット

f:id:mae3:20200509232444j:plain

まずメリットは2つあります。

メリット

 

・室内機を置く場所を自由にできる

 

・外観から配管化粧カバーがなくなる

 

 

 

 

 室内機を置く場所を自由にできる

f:id:mae3:20200509232724j:plain



これが最大のメリットです。 

 

下記のような部屋の場合には先行配管にすることによって、好きな位置に室内機を置くことができます。

 

・高い階だがベランダがない部屋

・外壁が家の前側にしか面していない部屋

・外壁に面していない部屋

 

 

外観から配管化粧カバーがなくなる

露出配管の場合は2階のエアコンなら2階の壁から、配管化粧カバーが出ています。

f:id:mae3:20200509214311j:plain

 

しかし、先行配管の場合は 室外機付近の壁から配管が出て室外機と繋がります。

 

なので、このような長い配管化粧カバーがなくなり、家の外観が非常にすっきりします。

 

 

 

先行配管のデメリット

f:id:mae3:20200509232521j:plain

デメリットは3つあります。

デメリット

 

・エアコンの効率が悪くなる

 

・トラブルがあった時が大変

 

・施工できないエアコンもある

 

 

 エアコンの効率が悪くなる

f:id:mae3:20200509232810j:plain

壁や天井を通り、配管が長くなるためエアコンの効率が悪くなってしまいます。

 

また配管に曲がりが多くなるので、まっすぐな配管よりも傷みやすく、水漏れも発生しやすくなります。

 

 

トラブルがあった時が大変

f:id:mae3:20200509232932j:plain

エアコンや配管にトラブルがあった時は大変な作業となります。

 

通常では配管の状態が確認できないので、最悪の場合は壁に穴を開けなければいけなこともあります。

 

なので、配管の交換費用や洗浄費用なども普通より高額となってしまいます。

 

 

 

施工できないエアコンもある

f:id:mae3:20200509233300j:plain

最近で言うとダイキンのうるるとさららには加湿機能が備わっています。

 

加湿機能がつくと配管がもう一本必要となるのであらかじめ設置しておかなけれればいけません。

 

次にエアコンを変える10年後とかにはどうなっているかわからないので少し不安ですね。

 

 

我が家の先行配管と実際にかかった費用

f:id:mae3:20200509233528j:plain

我が家では3箇所に先行配管をしました。

 

▽エアコンをつけていないところは木箱で隠していただきました。

f:id:mae3:20200706225648j:plain

 

先行配管にした理由は、我が家にはベランダがなく、3部屋とも室外機がおける外壁に面していなかったからです。

 

▽ベランダがない家の記事はこちらから

www.mae-log.com

 

 

 

次に場所ですが、まず1つ目は2階の主寝室です。

 

▽わかりにくいですが、主寝室の壁から隣のWICのPSを通って1階と2階の間から外に出ています。

f:id:mae3:20200509224628j:plain

 

 

2つ目と3つ目は子供部屋です。

 

▽こちらは子供部屋のPSから1階と2階の間を通って外に出ています。

f:id:mae3:20200509225025j:plain

 

▽外観はこのようになります。

f:id:mae3:20200509225307j:plain
なぜ3つとも1階と2階の間から配管化粧カバーが出ているかというと、

 

「背面側には今後家が建つ予定」

「1階まで持ってくると1階にPSを作らなければならなかった」

 

という理由からこのようになりました。

 

なので我が家では室外機を自由におけるというメリットしかありません。

 

 

 

次に費用ですが、1箇所¥56,000でした。

 

なので、3箇所で¥168,000かかりました。

 

・・・高いですね。

 

ですが配管の長さや設置費用などを考えると、おかしくなさそうな金額です。

 

費用は配管の長さや施工会社によっても大きく変わりそうですね。

 

 

先行配管のまとめ

f:id:mae3:20200510121753j:plain

先行配管にすることによるメリットはありますが、デメリットも非常に多くあります。

 

我が家の配管も10年後には取り替えか、洗浄をしなければならないので、かなりの費用がかかると思います。

 

なので採用する際は見た目の良さだけでなく、デメリット面もしっかりと考えることをおすすめします。

 

それではまた!

 

 

 

あわせて読みたい記事

www.mae-log.com

www.mae-log.com

www.mae-log.com