MAELOG

家づくりとボードゲーム

【GLIDiC Sound Air tw-6000 使用レビュー】かわいい色が多いコスパ最強のイヤホン!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:mae3:20200420001259j:plain

 

今回は2020年2月に発売されたGLIDiC Sound Air tw-6000の使用レビューをしていきます。

 

ちなみにGLIDiC Sound Air tw-6000を買う前まではGLIDiC Sound Air tw-5000を使用していました。

 

tw-5000のコスパの良さをとても感じたので上位機種の購入を決めました。

 

▽GLIDiC Sound Airがおすすめな理由と比較はこちらから

www.mae-log.com

 

 

 

それではレビューしていきます。

 

 

 

 

GLIDiC Sound Air tw-6000の使用レビュー

下記の 6つの項目に分けてレビューしていきます。

 

・大きさ

・フィット感

・接続

・音質

・充電のもち 

・良い機能

 

その前に、こちらがGLIDiC Sound Air tw-6000のスペックになります。

GLIDiC TW-6000

価格
定価 11800円
最安値 10390-ポイント
サイズ
本体 23(W)×15(D)×24(H)mm
ケース 59(W)×31(D)×38(H)mm
インタフェース
microUSBtype-B
連続音楽再生時間
ケースなし 7時間
ケースあり 21時間
充電時間
イヤホン 1.5時間
ケース 1.5時間

 

 大きさ

f:id:mae3:20200419231201j:plain

引用画像 GLIDiC HP

https://glidic.jp

 

耳からはみ出さないくらい、かなりコンパクトとなっています。 

 

▽t-5000(黒)と比べてもほぼ大きさは変わらないので大変満足です。 
f:id:mae3:20200323225359j:plain

 

▽ケース(白)は細長くなったのでポケットやカバンに収めやすくなりました。

 

素材はマットになり高級感があります。

f:id:mae3:20200323225524j:plain
 

 

 

フィット感

f:id:mae3:20200419232454j:plain

すごく耳にフィットして、頭を振っても落ちないくらいです。

 

イヤーピースがXSからLまであるので耳の大きさによって変えれるため、どなたでもフィットすると思います。

 

tw-5000と比べてと、よりフィットするようになりました。

 

 

接続

 

接続されるのがめちゃくちゃはやいです。

出した瞬間に接続されるので待ち時間がほぼありません。

 

▽またスマフォとのBluetooth接続も片耳ずつできるので、これも便利です。

f:id:mae3:20200419233101j:plain

 

音質

 

低音と高音がものすごく良くなっています。

 

音に深みが出たというか、臨場感が出たような気がします。

 

生でライブを聞いているような感覚です。

 

 

充電のもち

 

まず買ってからケースで充電しながらどのくらい充電がもつか試してみました。

 

1日2時間くらい使用し、2週間ほど使うことができました。

なんと・・・23時間30分もちました!!

 

いやーこれはすごいですね!説明書の記載を少しですが上回りました。

 

 良い機能

 

▽ケースの充電残量がわかるようになりました。これは地味に便利です。

f:id:mae3:20200323230022j:plain

 

 ▽多機能ボタンがすごく便利です。

このボタンで音量調整、再生停止、曲の送り戻し、電話対応などが行えます。

 

スマフォをいじらずに操作できるのが、かなり便利です。

f:id:mae3:20200420001235j:plain





 

 

 最後に

f:id:mae3:20200420001457j:plain

いいところばかり紹介したんですが、悪いところは今の所本当に思いつきません。

 

それくらい大満足で、コスパ最強のおすすめのイヤホンになんです。

 

検討中の方は是非!!

 

それではまた!