MAELOG

家づくりとボードゲーム

完全ワイヤレスイヤホン初心者にGLIDiC Sound Airをおすすめする理由[TW-5000s,TW-6000,TW−7000の比較]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:mae3:20200601230548j:plain

何かおすすめのワイヤレスイヤホンはないですか?

 

それならGLIDiCの完全ワイヤレスイヤホンがおすすめです。初心者の方にはSound Air TW-5000sかTW-6000が特におすすめです!

 

▽GLIDiC Sound Air TW-6000の使用レビューはこちらから

www.mae-log.com

 

 

 

GLIDiCとは...

 

GLIDソフトバンクコマース&サービス株式会社のオーディオブランドです。

 

知名度はSONYなどには劣りますが「レッドドット・デザイン賞2019」「シカゴ・グッドデザイン賞2019」などを受賞しており今注目を集めているブランドです。

f:id:mae3:20200419222021j:plain

引用画像 GLIDiC HP

https://glidic.jp

 

 

 

本記事の内容

・完全ワイヤレスイヤホン初心者にGLIDiC Sound Airをおすすめする理由

・GLIDiC Sound Air TW-5000s,TW-6000,TW−7000の比較

・GLIDiC 完全ワイヤレスイヤホンの選び方

 

 

それでははじめていきます。

  

完全ワイヤレスイヤホン初心者にGLIDiC Sound Airをおすすめする理由

 

GLIDiCの完全ワイヤレスイヤホンはSound Air TW-5000sとTW-6000とTW−7000の3種類あります。 

しかしTW−7000は上位機種で価格がやや高いので、ここでは2つを例におすすめする理由をあげていきます。

 

・コストパフォーマンスが良い

・iPhoneとの相性が良い

・サイズが小さい

 

コストパフォーマンスが良い

f:id:mae3:20200419221922j:plain

tw-5000s
定価 9864円
最安値 7480円-ポイント
tw-6000
定価 11800円
最安値 10390円-ポイント

 

まずTW-5000sはネットで買うと、ポイントを含めれば7000円を切ります。

 

やや高く感じますが、7000円にしてはめちゃくちゃコスパが良いです。

 

音質や接続の速さなど5000円以下のものとは比べものになりません。

 

 

TW-6000はネットで買うと、ポイントを含めれば10000円を切ります。

 

機能ではTW-5000sをパワーアップさせた感じです。

音質・充電の持ち・接続の速さなどすべてがよくなっています。

特に充電に関しては倍以上の持ちとなります。

 

iPhoneとの相性が良い

f:id:mae3:20200419221425j:plain

iPhoneとの相性がよく、最初の接続も簡単に行えます。

 

最初にペアリングさせれば2回目からはイヤホンをケースから出せば勝手に接続されるので非常に楽です。

 

接続もはやいし、音が途切れることもほぼありません。 

 

サイズが小さい

f:id:mae3:20200418154128j:plain

画像引用

https://glidic.jp

 

tw-5000s
本体 25(W)×17(D)×23(H)mm
ケース 42(W)×42(D)×32(H)mm
tw-6000
本体 23(W)×15(D)×24(H)mm
ケース 80(W)×28(D)×36(H)mm

 

 ▽左がGLIDiC TW-6000、右がTW-5000です。本体の大きさは、ほぼ変わりません。

f:id:mae3:20200323225359j:plain

 

▽右がGLIDiC TW-6000のケース、左がTW-5000のケースです。TW-6000はシュッとしていて納めやすいサイズ感になっています。

f:id:mae3:20200323225524j:plain

 

本体とケースが小さいので、完全ワイヤレスイヤホンを使ったことはない方でも、そこまで抵抗がないと思います。 

 

GLIDiC Sound Air TW-5000s,TW-6000,TW−7000の比較

  TW-5000s TW-6000 TW−7000
価格
[定価 9864円]  [最安値 7480円-ポイント]
[定価 11800円]  [最安値 10390-ポイント]
[定価 14990円]  [最安値 11690-ポイント]
サイズ
[本体 25(W)×17(D)×23(H)mm]  [ ケース 42(W)×42(D)×32(H)mm]
[本体 23(W)×15(D)×24(H)mm]  [ケース 59(W)×31(D)×38(H)mm]
[本体 23(W)×19(D)×24(H)mm]  [ケース 80(W)×28(D)×36(H)mm]
インタフェース
microUSBtype-B
microUSBtype-B
microUSBtype-B
連続音楽再生時間
[ケースなし 3時間]  [ケースあり 10時間]
[ケースなし 7時間]  [ケースあり 21時間]
[ケースなし 9時間]  [ケースあり 25時間]
充電時間
[イヤホン 1.5時間]  [ケース 2時間]
[イヤホン 1.5時間]  [ケース 1.5時間]
[イヤホン 1時間]  [ケース 2時間]

 

本体のサイズはほぼ同じですが、ケースの大きさはTW-7000がかなり細長いです。

 

その代わりか充電のもちは1番いいですね。

リチウム電池は必ず劣化するので、長いに越したことはないです。

 

GLIDiC TW-5000sが最大で10時間しかもたないのも気になります。

やはりそこは安いので仕方ありません。 

 

GLIDiC 完全ワイヤレスイヤホンの選び方

「じゃあどれを選べばいいの?」

となるので、ここからは選び方を説明していきます。

 

 

そんなにお金をかけたくない人

 ▽

GLIDiC Sound Air TW-5000sか5000です。

5000sはかなりコスパがいいので満足していただけると思います。

 

今回説明はしてませんが、5000は5000sの前モデルになります。

少し古いですが5000円以下で買えるので、かなりお得です。

 

 

長時間使う人

 ▽

GLIDiC Sound Air TW-6000か7000が長持ちしますので、少し値は張りますがこちらを選ぶことをおすすめします。

 

 

高機能を求める人

 ▽ 

GLIDiC Sound Air TW-7000一択です。3つの中で1番ハイスペックです。

 

 

可愛いデザインがいい人
 ▽

GLIDiC Sound Air TW-6000一択です。ピンクやパールシルバーなど可愛らしい色があります。発売したばかりなので人とも被りにくいのもいいですね。

 

 

完全ワイヤレスイヤホンGLIDiC Sound Airまとめ 

f:id:mae3:20200419221859j:plain

3つとも全ておすすめですが、初心者の方は1万円を切るSound Air TW-5000sかTW-6000をまずは検討してみてください!

 

ちなみに私は最初にSound Air TW-5000を購入し、次にTW-6000を購入しました。

 

それではまた! 

 

 

あわせて読みたい記事

www.mae-log.com

 

www.mae-log.com

www.mae-log.com

 

www.mae-log.com