我が家が検討したフリードクロスターに付けられるルーフボックス



\SNSもぜひフォローしてください /

こんにちは、マエです。

我が家はフリードクロスターに乗っています。

暖かくなってくるとキャンプにいくことも多くりますが、フリードクロスターでは4人家族のキャンプ道具を載せるには少し余裕がありませんでした。

そこでフリードクロスターにキャリアベースとルーフボックス付けることにしました。

今回は我が家が検討したフリードクロスターに付けられるルーフボックスを紹介していきます。

目次

我が家が検討したフリードクロスターに付けられるルーフボックス

ルーフボックスを選ぶ際に3つほど条件がありました。

ルーフボックスの選ぶ際の条件
  • 車高が2.1m以下
  • ベースキャリアと同じメーカー
  • ルーフボックス自体があまり重くない

小さい子供がいるのでキャンプに行く時期は限られていますが、4〜5月、9〜10月と2ヶ月くらいはルーフボックスを付けたままにする予定だったので、2.1mを超えないことは絶対条件でした。

それと車にそんなに詳しくないので、ベースキャリアと同じメーカーであること。

荷物をなるべく載せたいので、ルーフボックス自体があまり重くないものの3つが条件でした。

ベースキャリアがinnoとterzoのエアロベースに絞られたので、条件に合うルーフボックスはinnoのBRQ55BK、BRQ33BK、terzoのEA164CBXの3つが候補にあがりました。

EA164CBXBRQ55BKBRQ33BK
横幅70cm83cm82cm
全長175cm200cm182.5cm
高さ33cm31.5cm34cm
重量15.5kg15.5kg15kg
容量270L300L300L
店頭価格約36000円約37000円約37000円
候補に挙がったルーフボックスの詳細

価格は似たような感じでしたが、サイズや容量に若干の違いがありました。

結果、長さより高さがあるほうが、キャンプの荷物も載せやすいと思い、BRQ33BKを選びました。

terzoのサイズがもう少し大きければ選んでいたんだけどなぁ。

フリードクロスターにルーフボックスを装着してみました

実際にinnoのべースキャリアにBRQ33BKを取り付けてみました。

本来なら真ん中に付けることが推奨されていますが、大きい脚立がなく手が届かなかったので、端にしか付けることができませんでした。

BRQ33BKは左開きなので、左側に寄せました。

ただ真ん中につけると荷物を取り出すときも脚立が必要そうなので、今後もこの位置になりそう!

やや後ろ気味に付けてしまいましたが、ドアとも干渉しないですし、フロントガラスからもはみ出ていません。

クロスターだけあって、ルーフボックスをつけるとものすごくアウトドア感がでました!

装着時間ははじめてでも15-20分くらいで行うことか出来ました。

ただルーフボックスはなかなか重いので、できれば2人でやることをおすすめします。

フリードの色はグリーンですが、キャリアベースとルーフボックスの色は黒で正解でした。

容量は300Lあるので、かなりの荷物が載せることができました。

フリードクロスターに付けられるルーフボックスのまとめ

いざフリードのルーフボックスをネットで探してみても、車のSNS(CARTUNEやみんカラ)くらいしか詳細が載っていませんでした。

それでもかなり参考にさせてもらいました。

なので一応記事にまとめてみましたが、今後フリードクロスターにルーフボックスを付けられる方のお役に立てれれば幸いです。

それではまた!

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

楽天ROOMにアイテムを載せてます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

◇ 2019年R+house加盟店にて家完成
◇ c値0.2/Ua値0.44(HEAT20G2)
◇ ひろしま、34坪の土地      
◇ 家族キャンプはじめました!   

目次
閉じる