MAELOG

家づくりとボードゲーム

洗濯槽のカビに困っている方必見!エステーの洗浄力洗たく槽クリーナーを使用してみた結果

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:mae3:20200912174443j:plain 

こんにちは、マエです。

 

今回は、我が家の洗濯槽のカビがキレイに落ちた話をしていきます。

 

▽ちなみに洗濯機はPanasonicのキューブルを使用しています。

www.mae-log.com

 

 

本記事の内容

・洗濯槽のカビにエステーの洗浄力洗たく槽クリーナーを使用するまでの話

・洗濯槽のカビにエステーの洗浄力洗たく槽クリーナーを使用してみた結果

 

それでははじめていきます。

 

 

洗濯槽のカビにエステーの洗浄力洗たく槽クリーナーを使用するまでの話

f:id:mae3:20200912175405j:plain

 

今の洗濯機を使用してもうすぐ3年が経ちますが、恥ずかしながら洗濯槽の掃除は数えるほどしか行っていませんでした。

 

先日、洗濯槽をよーくみているとめちゃくちゃ汚れているのを発見しました。

 

これはやばいと思い、家にあった酸素系クリーナーを投入し、洗濯槽のカビ取りを試みました。

 

結果、多少のカビは取れましたが、ほぼ落ちていない状況でした。

 

そこで取説を読むと、Panasonicのクリーナーがあることを知りました。

 

純正なら落ちるかもと思い、買おうとした瞬間、値段をみてびっくりしました。

 

1本 ¥1500 (1回の洗浄で1本使用)

 

高すぎです。

 

しかも1カ月に1回の頻度で使用することを推奨しているので、年間で20,000円ちかくもかかってしまいます。

 

そこでネットを模索していると「エステーの洗浄力 洗たく槽クリーナー」がカビに効果絶大という情報を入手したので、試してみることにしました。

 

 

洗濯槽のカビにエステーの洗浄力洗たく槽クリーナーを使用してみた結果

f:id:mae3:20200913080247j:plain
 

エステーの洗浄力 洗たく槽クリーナーは近所の薬局で200円くらいで購入できるので、Panasonicのものと比べてもかなりお得感があります。

 

ですが問題はきれいになるかどうかです。

 

Panasonicのキューブルの洗濯槽洗浄モードで約11時間かけて行ってみました。

 

▽写真を撮り忘れてしまっていて、少し大げさですがこのような状態でした。匂いも多少の臭さがありました。

f:id:mae3:20200913080025j:plain


 

 

 

▽洗浄後・・・見事にきれいになりました。

f:id:mae3:20200912174541j:plain

 

匂いも全然臭くありませんでした。

 

ネットで言われている塩素臭さも感じませんでした。

 

洗浄後、念のため中を拭きましたがカビなどのよごれはありませんでした。

 

すべて溶けてくれたのだと思われます。

 

ですが、3年間のカビの蓄積がひどかったのか、洗濯槽に多少のカビが残ってしまう結果となりました。

f:id:mae3:20200913080147j:plain

 

エステーの洗浄力洗たく槽クリーナーもかなり効果があったとは思うのですが、酸素系クリーナーの後に塩素系クリーナーを行ったことに効果があったのかなと思いました。

 

なぜならカビを落とす力なら酸素系クリーナーのほうが向いているからです。

 

なので酸素系クリーナーによってカビがだいぶ剥がれて、塩素系クリーナーでとどめをさしたのかもしれません。

 

 

洗濯槽のカビにエステーの洗浄力洗たく槽クリーナーを使用してみたまとめ

 

洗濯槽のカビが落ちない場合は「酸素系クリーナー+塩素系クリーナー」を試してみてください!(※ぜったいに混ぜての使用はだめです!!)

 

そこまで汚れていないのなら殺菌作用は塩素系クリーナーの方が強いので、月に一度のエステーの洗浄力洗たく槽クリーナーの使用だけで十分だと思います。

 

私はカビさせないためにも、

週に一度

 

槽乾燥(乾燥機をしようしていない場合)

 

月に一度

 

エステーの洗浄力洗たく槽クリーナーを使用しての槽洗浄+殺菌

 

カビがひどい場合

 

酸素系クリーナー+塩素系クリーナーでの槽洗浄+殺菌

 

を実践していこうと思います。

 

毎日使用する洗濯機なので、今後は気を付けて使用していくつもりです。

 

カビが気になる方はぜひお試しください!

 

それではまた!

 

よければポチッとお願いします!

▽▽▽

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

あわせて読みたい記事

www.mae-log.com

www.mae-log.com

www.mae-log.com

www.mae-log.com

www.mae-log.com